特定調停を申し立てるメリットとデメリット

特定調停とは、債務者(お金を借りた会社や個人)と簡易裁判所にて話合いを行い、借金を解決する手続きです。

 

消費者金融からの多重債務や借金によってこのままだと生活に支障をきたし、今後の返済もできなくなる方を対象とするもので、借金を返済したい意思と安定した収入があることが前提です。

 

特定調停を申し立てるメリット

 

1.借り入れ時の金利がグレーゾーン金利だった場合や利息制限法の上限を超えた金利の場合、現在の利息制限法の上限金利に基づいて引き直し、借金の再計算をすることができます。これによって多く払っていた場合には借金が減額になります。

 

2.話し合いがまとまれば、将来支払う金利がゼロ%になり、元金のみの長期分割払い(3年)で精算することもできる。金利がないのでしっかり払うことができれば借金の完済ができます。

 

3.特定調停を申し立てしている間の借金の返済は一時的に止まり、取り立てもなくなります。

 

特定調停を申し立てることで上手くいけば上記のようなメリットを受けることが出来ます。

 

 

特定調停を申し立てるデメリット

 

 

1.債務者との特定調停結果によっては、カードやローンを組む際の信用情報機関に事故情報が登録される可能性があり、今後新規にカードが作れず、ローンも組みにくくなる。(登録されると5年間)

 

2.特定調停での結果は裁判と同じ法的効力があるので、債務者との決定事項を破ると強制執行の可能性もある。

 

3.上記で紹介したメリットが必ずしも叶うわけではありません。

 

特定調停は、自分で申し立てができ、費用も数千円程度(※裁判所や借り入れ金額によって変わる)でできるので、借金の解決方法の中でも比較的利用しやすいものといえます。ただ、弁護士を立てずに自分ひとりでもできる反面、ある程度の法律の知識が必要になります。

 

 

借金問題で無料相談にも対応してくれるおすすめの法律事務所

 

司法書士法人 リーガルハンズ ジャパンネット法務事務所

リーガルハンズは、神奈川県横浜にある司法書士法人ですが、出張もしてくれる全国対応の司法書士法人です。

7,000人の多重債務者を救済してきた経験や実績がある借金解決の専門家なので安心です。

 

また現在手持ちのお金がない方でも費用の分割払いに対応してくれたり、着手金0円での手続きにも対応していますので、とても依頼しやすいです。また相談は何度でも無料で対応してくれますし、メール相談なら24時間365日対応です。電話で相談するよりは、借金の現状を伝えるメール相談から始めてみるのが、やりとりがスムーズでおすすめです。

 

ジャパンネット法務事務所は、東京都渋谷区にある法務事務所です。債務整理経験者や元大手金融業者スタッフも在籍していますので、債務者の借金の悩みや苦労も理解してくれます

 

また処理件数が5000件を超える実績を持つ、債務整理専門の法務事務所ですので、相手方(債権者)との交渉も有利です。初期費用は1000円で受任してくれるので、手持ちのお金がない人でも依頼しやすいですね。 無料メール相談もしてくれるので、まずは気軽に相談して見ましょう。

 

それぞれ依頼して他の事務所の条件と比べてみるのも良いですよ!