月収40万円での借り入れ返済シミュレーション

月収40万円での借り入れ返済シミュレーションとは、月収40万円での生活レベルに対して利息制限法での上限金利で借り入れを行った場合に返済できる限度額についてシミュレーションしています。

 

これからキャッシングをする際に生活レベルにあったキャッシング限度額の基準を知る参考にご覧ください。

 

 

まずはじめに、月収40万円で子供ひとりを持つ3人家族で暮らしをしているという仮定で、月々の借金の返済に充てられる返済額の上限について紹介します。

 

月収40万円の生活レベル〜会社員Cさん〜

 

年齢は30代前半、結婚して家族3人で暮らしている会社員Cさんの生活を例にみてみましょう。Cさんは一昨年子供ができたのでアパートでの近隣の迷惑を考え、思い切って住宅を購入しました。収入はそこそこあるほうですが、今後の子供の教育費等を考えると貯蓄にまわしたいと考えています。それにともないCさんは月々5万円のお小遣いでやりくりしています。しかし、急な出費でここから少しキャッシングをしたいと思いました。そんなCさんの返済シミューレーションは!?

 

Cさん家族の収支表

 

収入 40万円(ボーナスあり)
住宅ローン 10万円
食費 6万円
電気、ガス、水道などの光熱費等 3万円
自動車維持費・保険 3万円
その他(携帯、雑費等) 5万円
教育費 4万円
貯蓄 2万円
支出合計 約33万円
自由に使えるお金 約7万円
Cさんのお小遣い 5万円

 

このケースで見ると収入が40万に対して、月々掛かる生活費等を差し引くと、自由にできるお金は月約7万円。そこから諸事情でCさんは毎月お小遣い5万円でやりくりしているという状態です。

 

もしCさんが借金をして生活を維持できる月々の返済金額の限度額は約7万円になりますが、あくまでこの金額はCさんの家庭内での金額です。Cさん個人が使える金額は小遣いの5万円。この中から飲み代や昼ご飯などを賄わなければいけないので、借金の返済にまわせる金額は大体月1〜2万円程度が限度だと思います。これを超える金額になりますとCさんのお小遣いの金額ではやりくりが難しくなります。

 

(※この数値はあくまでも月収40万円のCさんのお小遣いの中での月々返済できる金額ですので、この状態で何ヶ月も続くような借り入れをすると、支出に狂いが生じた際に借金が困難になり、そのことを家族に知られたくない場合には他からキャッシングしてさらに借金が膨らむ危険性もあります。キャッシングしていることを家族に内緒にしている場合は、はじめは少ない金額でも隠している間に額が膨れ上がってしまうこともよくあります。)

 

ではCさんの月収40万円、お小遣い5万円でのやりくりの中で月々返済に充てれる金額は幾ら位が妥当なのでしょうか。

 

万が一の出費に備えて、月々の借金返済額の2〜3倍のお金は自由に使えるものとして残しておくべきではないかと思いますので、Cさんの例だとお小遣い5万円が自由に使える金額ですが、その中でいろいろとやりくりもあいますので、月々5千円〜1万円程度が月々の返済額の適正範囲ではないでしょうか。(※実際はもっと低い方がより安全です。)

 

ちなみに月々5千円を返済に使った場合、利息のみの支払いで全く元金が減らなくなり、多重債務に陥る危険が高い借り入れ限度額は以下の金額になります。

 

借り入れ期間は1年間として、月々の利息の支払いが5千円を超える借り入れ金額

 

33万(借り入れ金額)×0.18(年利18%)×365(日)÷365(日)=約6万(年間の利息分)

 

6万÷12(ヶ月)=5.000円(月間利息) 

 

例えば33万円の借り入れを行ってしまうと単純計算で月々支払う利息だけで約5千円です。よく利息さえ払っていればなんとか大丈夫という間違った解釈がありますが、こうなってしまうと借金を毎月返済してるのに元金が全く減っていかないという状態です。33万円を借りた時点で借金返済が困難な多重債務の予備軍なっているといえます。

 

※ちなみに33万円を1年間で返済するときの月々の返済額は30.254円になります。

 

では月5千円の返済で1年間、年利20%(10万円未満の利息制限法の上限金利)で完済できる、借り入れ金額の適正額はいくらになるのか、ローン計算ができる返済シミュレーションを利用してみると以下の金額になりました。

 

借り入れ金額 総金利支払額 返済総額 月々の返済額
4万 4.389円 44.389円 3.705円
5万 5.489円 55.489円 4.631円
6万 6.588円 66.588円 5.558円

 

月5千円の返済で完済できる借り入れ額の結果は5万円でした。(※正確な数値は各キャッシング会社によって異なります。)

 

以上のことから、Cさんの5万円のお小遣いの額だったら5万程度の借り入れを行っている分にはそれほど返済に困ることはないといえます。今回はお小遣いの中でのキャッシングのやりくりという少し変わったケースを紹介しました。

 

もしこれから消費者金融やキャッシングなどで借り入れを行う機会がありましたら、自分の生活レベルや自由に使えるお金に対する、正しい借り入れ額を考えてみると良いでしょう。まずは自分にあった返済シミュレーションをして確認してみましょう!

 

 

借金問題で無料相談にも対応してくれるおすすめの法律事務所

 

司法書士法人 リーガルハンズ ジャパンネット法務事務所

リーガルハンズは、神奈川県横浜にある司法書士法人ですが、出張もしてくれる全国対応の司法書士法人です。

7,000人の多重債務者を救済してきた経験や実績がある借金解決の専門家なので安心です。

 

また現在手持ちのお金がない方でも費用の分割払いに対応してくれたり、着手金0円での手続きにも対応していますので、とても依頼しやすいです。また相談は何度でも無料で対応してくれますし、メール相談なら24時間365日対応です。電話で相談するよりは、借金の現状を伝えるメール相談から始めてみるのが、やりとりがスムーズでおすすめです。



 

ジャパンネット法務事務所は、東京都渋谷区にある法務事務所です。債務整理経験者や元大手金融業者スタッフも在籍していますので、債務者の借金の悩みや苦労も理解してくれます

 

また処理件数が5000件を超える実績を持つ、債務整理専門の法務事務所ですので、相手方(債権者)との交渉も有利です。初期費用は1000円で受任してくれるので、手持ちのお金がない人でも依頼しやすいですね。 無料メール相談もしてくれるので、まずは気軽に相談して見ましょう。

 

それぞれ依頼して他の事務所の条件と比べてみるのも良いですよ!