個人再生で多重債務を整理するメリットとデメリット

まず個人再生とは、企業が破産する前に新たに事業が再建できるよう施行された民事再生法の個人版です。

 

この個人再生の特徴としては特定調停や任意整理では借金の解決が難しいが、自己破産によってすべてを清算したくないなど、安定した収入はあるので借金の額さえ減額されれば出来る限り借金を返済しつつ再起したいという方のための解決方法になります。

 

個人再生で多重債務を整理するメリット

 

1.特定調停や任意整理では金利引き直しによる多く払っていた利息分の元金への減額しかありませんが、個人再生ではさらにそこから元金が最大で1/10にもなる債務免除があります。

 

2.自己破産をすると一定期間会社役員や一定の職業に就けない、または資格が取れないなどの資格制限がありますが、個人再生には一切ないので特殊な職業や役員の方でも利用できる。

 

3.元金が大幅に減るので、住宅ローンの返済がある方でも借金の返済と並行して返済することができれば、住宅を手放さずに借金を解決することもできる。

 

 

個人再生で多重債務を整理するデメリット

 

1住宅ローンを除く借金の総額が3.000万円を超えると個人再生は利用できません。借金の総額が3.000万円以下が条件になります。

 

2.同じく弁護士等の法律家に依頼する任意整理とは違い、個人再生は手続きが複雑なため費用も高額になります。(※50万円以上〜)

 

3.弁護士等に委任しても返済が始まるまでには最低でも1年前後と手続きに時間が掛かる。

 

4.特定調停や任意整理などと同じく、借金の事故情報が信用情報機関に登録されるため一定期間の借り入れができなくなる。

 

 

個人再生には以上のようなメリットとデメリットがあります。最終的な判断は自己破産との違いが大きく、住宅ローンがあっても住宅を手放さずに借金を解決できる面と、特殊な仕事をしていてもそのまま仕事を続けることが出来るところではないかと思います。

 

個人再生の利用には借金の返済とともに、将来的にも自分が落ち着くことができる環境をなんとか残したいといった自己破産では得られない最後の手段として利用を考えてみるべきではないでしょか。

 

 

借金問題で無料相談にも対応してくれるおすすめの法律事務所

 

司法書士法人 リーガルハンズ ジャパンネット法務事務所

リーガルハンズは、神奈川県横浜にある司法書士法人ですが、出張もしてくれる全国対応の司法書士法人です。

7,000人の多重債務者を救済してきた経験や実績がある借金解決の専門家なので安心です。

 

また現在手持ちのお金がない方でも費用の分割払いに対応してくれたり、着手金0円での手続きにも対応していますので、とても依頼しやすいです。また相談は何度でも無料で対応してくれますし、メール相談なら24時間365日対応です。電話で相談するよりは、借金の現状を伝えるメール相談から始めてみるのが、やりとりがスムーズでおすすめです。



 

ジャパンネット法務事務所は、東京都渋谷区にある法務事務所です。債務整理経験者や元大手金融業者スタッフも在籍していますので、債務者の借金の悩みや苦労も理解してくれます

 

また処理件数が5000件を超える実績を持つ、債務整理専門の法務事務所ですので、相手方(債権者)との交渉も有利です。初期費用は1000円で受任してくれるので、手持ちのお金がない人でも依頼しやすいですね。 無料メール相談もしてくれるので、まずは気軽に相談して見ましょう。

 

それぞれ依頼して他の事務所の条件と比べてみるのも良いですよ!