自己破産で多重債務を整理するメリットとデメリット

まず自己破産とは、債務者(借金支払い不能状態になった方)が地方裁判所に申し立てをしてその結果、最終的に”免責”というものを受けることができれば借金の返済を免除してもらうことができる解決方法です。

 

自己破産は、手続きしただけではなく、免責を受けることができなければ借金の免除をしてもらえないので注意が必要です。

 

 

ちなみに自己破産の手続きの流れは以下の順に進みます。

 

1.返済が困難であることを裁判所に申し立てる
             ↓
2.裁判所での審議の結果、認められると”破産宣告”が出される。
             ↓
3.破産宣告を受けたら再度、裁判所へ”免責の申し立て”をします。
             ↓
4.裁判所で審議の結果、”免責”が認められると、免責決定が出される。
             ↓
5.免責が確定されると限度額に関わらず借金がなくなります。

 

この自己破産の免責を受けるには、本当の意味で”支払い不能”かどうかが前提条件になります。

 

例えば、全財産(住宅や車など)を売ればなんとか借金が返せるといった場合には、自己破産はできません。全財産を売却しても借金を支払えない、今後も支払うことができない‥など、裁判官が債務者との陳述書などを元にあらゆる角度から客観的にみて”支払い不能”と判断されてはじめて”免責”を受けることができます。

 

では自己破産による免責を受けるとどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

自己破産をしたことによるメリット

 

1.これまでの借金苦の生活から解放され、新たな人生を歩める。

 

自己破産をしたことによるデメリット

 

1.自己破産するまでに持っていた不動産(持ち家)や株式などの価値の高いものは失う。

 

2.破産宣告後、免責されるまでの間、会社の役員や職業、資格などに一定の制限がある。

 

3.信用情報機関に登録されるため、ローンやカードが一定期間組めなくなる。

 

自己破産の一番のデメリットは、持ち家(マイホーム)を持っていた場合手放さなくていけないことだと思います。もしマイホームを手放さずに借金を解決したい場合は個人再生を検討してみてください。

 

借金問題で無料相談にも対応してくれるおすすめの法律事務所

 

司法書士法人 リーガルハンズ ジャパンネット法務事務所

リーガルハンズは、神奈川県横浜にある司法書士法人ですが、出張もしてくれる全国対応の司法書士法人です。

7,000人の多重債務者を救済してきた経験や実績がある借金解決の専門家なので安心です。

 

また現在手持ちのお金がない方でも費用の分割払いに対応してくれたり、着手金0円での手続きにも対応していますので、とても依頼しやすいです。また相談は何度でも無料で対応してくれますし、メール相談なら24時間365日対応です。電話で相談するよりは、借金の現状を伝えるメール相談から始めてみるのが、やりとりがスムーズでおすすめです。



 

ジャパンネット法務事務所は、東京都渋谷区にある法務事務所です。債務整理経験者や元大手金融業者スタッフも在籍していますので、債務者の借金の悩みや苦労も理解してくれます

 

また処理件数が5000件を超える実績を持つ、債務整理専門の法務事務所ですので、相手方(債権者)との交渉も有利です。初期費用は1000円で受任してくれるので、手持ちのお金がない人でも依頼しやすいですね。 無料メール相談もしてくれるので、まずは気軽に相談して見ましょう。

 

それぞれ依頼して他の事務所の条件と比べてみるのも良いですよ!